役職定年制度と役職チャレンジ制度の
作成コンサルティング

役職の定年制や役職チャレンジ制の採用を考えてみませんか。役職定年のある企業は、中堅規模以上の企業では、全体の半数近くが採用しています。役職チャレンジ制度は、役職定年制と合わせて採用することにより、両者による相乗効果を期待することができます。
役職定年制度と役職チャレンジの制度の作成
役職定年制度と役職チャレンジの制度の作成

役職定年制度の作成についてのポイント

ポイント.1
役職定年制度については、企業の業種、特性及び全体の人的構成をもとに、全体のトータルパワーアップを増進させることを視点として役職定年時点の制度設計を行います。
ポイント.2
役職定年後の社員の処遇設計を職種別あるいは部署別に行います。その主要な内訳は役割と職務設計、給料(賃金、手当等)などです。さらに新たな職務に従事するための必要な研修指導をお引き受けします。
ポイント.3
その他は、役職定年制度要領ですべての必要な事項の管理運用要領を作成します。

役職チャレンジ制度の作成についてのポイント

ポイント.1
制度に必要な公募要領のすべてを提供します。
ポイント.2
審査については、社員の自己申告書によるチャレンジ理由とチャレンジ内容の期待度及び、それまでの評価データを審査し総合的に判断したうえで、その合否を決定します。
ポイント.3
この他の要領は役職定年制度と同様に一切を要領書でまとめます。

導入事例

team_ai

F社とN社の企業合併 業種:車部品製造業 従業員:F社 3500名 N社 2800名 合併後 4500名

企業合併後、予定通りの合併効果が実現できずに業績は低迷し、回復でき...

ページの先頭へ戻る

マックブレインの提案を聞いてみませんか?
初回面談&ご提案は無料です。
無料提案お申込みフォーム

ご相談無料!お気軽にお問い合わせ下さい 03-6762-3580

「ホームページを見て」とお伝え下さい お問合せ

コンサルティングサービス一覧

人事制度の整備は専門のコンサルタントにお任せください。無料コンサルティングのお申し込みはこちら
人事コンサルティングブログ
人事コンサルティング用語集