組織の機構改革のコンサルティング

経営戦略の推進や事業計画の達成には、それを実行する組織がそれに適合できる機動的な機構であることが不可欠です。現在の組織の機構が古い体制のものであったり、実際の経営や事業の推進に沿い得ないものであったりしては、その損失は甚大です。早急な改革改善をお勧めします。

制度設計の課題とは

企業の組織機構は、いろいろな形態が採用されていますが、充分に機能が発揮できている企業が少ないのが現状です。

機構改革の主な課題
組織の機構改革のコンサルティング

ポイント1.現行の組織機構の要因分析と課題の抽出

組織機構の機能低下の要因は、企業によってさまざまであり、上記に記載している主要課題についてもいろいろな要因によって機能の低下が生じています。それらの実態を踏まえて要因分析と課題の抽出を行います。

ポイント2.機構改革の試案作成

上記調査データをもとに、いくつかの機構改革の対策を作成し提案します。その対策には、経営レベルの視点で何故、改革を行うのかの具体的要因に加え、部門部署別役割機能リスト等を添付して試案を提出します。

ポイント3.機構改革実施の支援指導

上記試案の提出をもとに、スケジュールを作成し、段階的に機構改革を行うプロセスにおいて必要な支援指導を行います。

導入事例

team_ai

F社とN社の企業合併 業種:車部品製造業 従業員:F社 3500名 N社 2800名 合併後 4500名

企業合併後、予定通りの合併効果が実現できずに業績は低迷し、回復でき...

ページの先頭へ戻る

マックブレインの提案を聞いてみませんか?
初回面談&ご提案は無料です。
無料提案お申込みフォーム

ご相談無料!お気軽にお問い合わせ下さい 03-6762-3580

「ホームページを見て」とお伝え下さい お問合せ

コンサルティングサービス一覧

人事制度の整備は専門のコンサルタントにお任せください。無料コンサルティングのお申し込みはこちら
人事コンサルティングブログ
人事コンサルティング用語集