役割資格等級制度の作成コンサルティング

社員の必要な職務遂行能力(職能)をもとに、役職に代わる資格として等級化し資格制度を作成し、社員の職務分担や人材育成、さらには賃金制度や評価制度の基盤として機能させてきましたが、最近、この職能等級制度よりも社員のそれぞれが果たすべき役割とそれに必要な行動特性を重視した役割資格等級制度が普及してきています。

役割資格等級制度の要点

なお、導入事例の欄で「職能資格から役割資格」の事例を紹介しておりますので、ご参考にしてください。

導入事例

request_ai

F社 業種:電機製品製造業 従業員:400名 売上高:170億円

資格等級の要件書の作成で困っていたところ、従業員の現業に負担がかか...

icon_jirei01

C社 業種:化粧品メーカー 従業員数:400名 売上高:95億円/年

役割資格要件書に改革し、役割と行動を具体的に明確化したことにより、...

ページの先頭へ戻る

マックブレインの提案を聞いてみませんか?
初回面談&ご提案は無料です。
無料提案お申込みフォーム

ご相談無料!お気軽にお問い合わせ下さい 03-6762-3580

「ホームページを見て」とお伝え下さい お問合せ

コンサルティングサービス一覧

人事制度の整備は専門のコンサルタントにお任せください。無料コンサルティングのお申し込みはこちら
人事コンサルティングブログ
人事コンサルティング用語集