再雇用管理制度作成コンサルティング

これからの再雇用管理制度を作成するには、雇用管理全体としっかりと連結した体系と整合性が必要です。これができていないと運用できません。

雇用管理制度作成の要点

現状は、60才を定年とし、その後、65才まで企業の義務で再雇用を続けているところが多いのですが、さらに65才まで定年を延ばし、そこから再雇用する企業が増えてきています。
このような状況から、これからの再雇用管理制度は下記のような制度にすることが必要です。

employment02

ポイント1
定年までの現役社員と定年後の再雇用者がそれぞれの能力のバランスに応じて、前者は新しい発想とチャレンジ力で、後者は経験を積んだ熟練力で役割職務を分担し、全体で総力を挙げることができる雇用管理制度が必要です。

ポイント2
これからも人口は、少子化と高齢化が続きます。定年までの現役社員の人件費と定年後の再雇用者の人件費の増加に対応して許容人件費の総額を適切に配分し、両者の処遇条件をリーズナブルに管理運用できる雇用管理制度が必要です。さらに高齢者の中にも働ける人とそうでない人との選別が必要ですので、これらを含めて、二つのポイントが両立する再雇用管理制度の作成が求められます。

導入事例

man8

業種:機械部品製造 従業員:200名

中小企業における正社員の採用活動の支援指導の概要です。...

group_ai

M社 機械器具工業協同組合 組合員企業8社
業種:ベアリング製造、金型鋳物製造、ボルト類、工具器具類等の機械器具製造業

8社の企業の抱える課題がそれぞれ違っていたため、中々、対策を打てず...

ページの先頭へ戻る

マックブレインの提案を聞いてみませんか?
初回面談&ご提案は無料です。
無料提案お申込みフォーム

ご相談無料!お気軽にお問い合わせ下さい 03-6762-3580

「ホームページを見て」とお伝え下さい お問合せ

コンサルティングサービス一覧

人事制度の整備は専門のコンサルタントにお任せください。無料コンサルティングのお申し込みはこちら
人事コンサルティングブログ
人事コンサルティング用語集