長時間労働の短縮支援指導コンサルティング

いまや、どの企業も長時間労働を続けていては将来が見えてきません。続けていれば、ますます経営は難しくなります。私どもは、長年の経験を活かし、豊富なノウハウを駆使して、長時間労働の短縮の支援活動に取り組んでいます。

長時間労働の短縮支援指導の概要

ポイント1
まず、企業の方針やご要望を伺ったうえで、長時間労働の現場の現状分析を行います。特に、長時間労働になっている根本の原因を掘り下げて把握します。

ポイント2
次は、現状分析によって得られたデータをもとに、どれだけ長時間労働が短縮できるか。要因ごとにその短縮の可能性を集計し、目標値の設定を行います。

ポイント3
上記の目標値の設定は、いろいろな対策を総動員するために不可欠です。この目標値の達成に必要な対策と解決策を提案します。

ポイント4
上記の提案をもとに、企業の方針やご要望をもとに実行計画とスケジュールを作成し、それをもとに長時間労働の短縮を実現させます。

導入事例

man1

O社 業種:照明器具メーカー 従業員:250名

開発部門スタッフの勤務体制にフレックスタイムの導入を考えていました...

ページの先頭へ戻る

マックブレインの提案を聞いてみませんか?
初回面談&ご提案は無料です。
無料提案お申込みフォーム

ご相談無料!お気軽にお問い合わせ下さい 03-6762-3580

「ホームページを見て」とお伝え下さい お問合せ

コンサルティングサービス一覧

人事制度の整備は専門のコンサルタントにお任せください。無料コンサルティングのお申し込みはこちら
人事コンサルティングブログ
人事コンサルティング用語集